淋病のイ・ロ・ハ

性器に感染する真菌「カンジダ」に関するイロハをお伝えしていきます。

診察室

淋病以外にマイコプラズマに感染することで尿道炎に?

激痛淋病とは、淋菌が感染することによって起こる性感染症の一つで、男性の場合尿道に感染して尿道炎を起こすので、白い膿が出たり排尿の際に激痛も伴うことでも知られています。

男性に多い性病であり、喉にも感染することあるため、最近では性行為を行うことで感染するのでなく、オーラルセックスのサービスを中心とする性風俗に通うことによりうつることも増えているようです。

女性は不正出血やおりものが増加するなど、症状に痛みを伴うことが少ないため感染に気づかずに放置してしまいがちですが、不妊や子宮外妊娠の原因にもなるので感染に気づいたら早めに治療することをおすすめします。

尿道炎は、淋病以外にもクラミジアが原因となって症状が出ることもありますが、マイコプラズマが原因となって尿道炎になる可能性もあります。

マイコプラズマ以外にも、インフルエンザやウレアプラズマといった淋病やクラミジア以外の菌によって感染する尿道炎を非クラミジア性非淋菌性尿道炎と呼び、マイコプラズマによる尿道炎は淋菌によってかかる尿道炎に比べて比較的症状が軽く済むことがあるようです。

ただ、淋菌やクラミジアを原因として尿道炎の場合は、検査が行われて治療に対しても耐性菌の観点から慎重に行われることが多いですが、それ以外の菌が原因となる尿道炎の場合は、菌の確定をはっきりしないまま治療を行うことが多いので病気が長引く可能性が高いとされています。

淋病からの尿道炎なのにいつまでたってもなかなか治らないという場合には、マイコプラズマなどの非クラミジア性非淋菌性尿道炎と疑ったほうが良いかもしれません。

また、淋病による尿道炎は発症の程度が急激である一方、クラミジアやマイコプラズマによる尿道炎は比較的ゆるやかであるので、そういったことも判断材料に入れると何の菌か確定しやすいですが、自己判断にするよりもまずは専門医で診てもらうのが良いでしょう。