淋病のイ・ロ・ハ

性器に感染する真菌「カンジダ」に関するイロハをお伝えしていきます。

診察室

淋病やクラミジアに感染の場合には独特な匂いがする

淋病も感染症クラミジアも、性行為によって感染する性病です。

淋病は、男性の場合尿道に感染し、白い膿が出たり排尿の際に激痛が伴い、治療しなければ生活が困難になるほどの自覚症状があらわれるので感染に気づきやすいのですが、女性の場合は不正出血やおりものの増加などの症状が出るだけで、痛みやかゆみのような自覚症状が出ない人が大半であり、感染に気づきにくいことがあります。

ただ、淋病に感染した場合には、おりものや膣から淋病特有の独特な匂いを発します。
しかし、女性はなぜかその臭いに気づかないことが多く、男性が嗅げば一度でわかるほど独特な匂いなのに女性は気づかないので症状を悪化させる原因ともなります。

感染に気づかずに放置することで、子宮頚管炎や卵管炎、不妊症や子宮外妊娠の原因ともなりますので、早めに改善することが望ましいとされます。

また感染症クラミジアに感染しても、膣の中の匂いやおりものの匂いが変化することがあります。
この場合は、感染症クラミジアだから匂いを発しているわけではなく、クラミジアの菌が子宮頚管内に侵入することによって膣炎を起こし、膣の中が炎症を起こすことによっておりものが異常に増えたり独特な匂いを発する原因となりますが、必ずしもクラミジアが原因によって匂いを発するわけではありません。

膣の中やおりものが匂う場合には、何かしらの感染症にかかっていることを疑った方が良いですが、菌を確定するにはやはり検査を受けることをおすすめします。

菌が確定しなければ治療方法もわからないので、病院へ行くか、あるいは検査キットを購入して自分で調べてみるのが良いでしょう。

しっかりと治療すれば必ず治る病気ですので、悪化しない前に治療することが望ましいと言えます。