淋病のイ・ロ・ハ

性器に感染する真菌「カンジダ」に関するイロハをお伝えしていきます。

診察室

淋病と痒みと血小板減少性紫斑病症状について

血小板減少性紫斑病症状は、薬物や疾患といった血小板減少をきたす、要因の認められない血小板減少をきたす病気です。血小板減少性紫斑病症状は、血小板減が少なくなって、出血しやすくなります。血小板減少性紫斑病症状は、場合によっては手術や抜歯によって止血困難となるケースもあります。

淋病の症状は、性病に感染してから、だいたい2日から7日間ほどで症状が出てきます。淋病は症状が出てきても、わりと軽いケースが多いです。そのため淋病になっても、いつの間にか慢性化していたりすることもあります。女性の場合は、おりものの状態に異変があり、まるで膿のようになります。自覚症状を感じるとすれば、陰部に痒みを生じるようになります。そのうちに赤く腫れてきて、おりものは膿のような状態ででてきます。

淋病は子宮頸部への感染により、下腹部に痛みを感じたりすることがあります。感染は、のどにすることもあります。のどもですが、目に細菌が入った時が大変です。もしも目に入り込んでしまい、放置をしてしまうと、やがて失明する可能性もあるためです。感染が尿道に出た場合には、とても激しく排尿痛をお感じることになります。また、排尿障害を引き起こすことも考えられます。

痒みを伴う皮膚の疾患というのは、何種類も存在します。普通に気温によっても皮膚は乾燥しますし、カサつく肌には痒さを伴うこともあります。高齢にもなれば皮膚そう痒症や接触皮膚炎も考えられます。じんましんで肌に痒さを感じることもあります。アトピー性皮膚炎などでの痒みというのも、レベルはありますが、本人にしてみれば、とても辛いものです。痒みは何が原因化によっても、治療方法は変わってきますから、まずは病院での診察をすることです。