淋病のイ・ロ・ハ

性器に感染する真菌「カンジダ」に関するイロハをお伝えしていきます。

診察室

性病に感染する主な原因と対策

私たちは生活していると多くの病気になる可能性があります。
自然と治るような病気から医師の診断が必要とされるような病気まで実に様々です。
中には死に至るような病気もあるので日々、健康に努めることが必要です。

世の中の病気の中に性病があります。
性病は現在中高年の世代にも増加しています。
若い世代は性行為を盛んに行ないたい特性がありますが、中高年の場合は性欲は減退しているはずです。
しかし、勃起不全の治療薬が登場したことにより、風俗へ通う男性が増えたのです。
このように今では性病は幅広い世代に広がっています。

私たちが性病に感染する場合は性行為が主な原因です。
性行為を行ない、性器や肛門からウイルスが体内に侵入して発症するのです。
また症状はさまざまで、痛みを伴うもの、かゆみがあるもの、排尿が困難になるもの、おりものに変化が出るものなどがあります。
これらは決して私たちに良いことをもたらさないので、予防対策をすることが必要とされます。
そのためにはまず正しい知識を持つことです。
避妊をすること、清潔さを保つこと、病気の種類や怖さを知ることなどです。
また、不特定多数の人と性行為を行なわないことも大事です。
正しい知識を持ちながら、一定の人と性行為をすることである程度の性病を防げます。