淋病のイ・ロ・ハ

性器に感染する真菌「カンジダ」に関するイロハをお伝えしていきます。

診察室

性感染症の種類や特徴について

性病に対して知らないまま、複数の相手と簡単に、性行為をしている人達が多くいます。
そんな中増えているのが性病です。

性行為によって感染すると言われている、色んな性感染症の種類や特徴を説明していきます。

性行為によって、感染しやすいのは多数あります。
性行為で移る病気は、ほとんどSTDと呼ばれています。
特に若い層に多いのが、クラジミアやエイズです。

クラジミアは、性病の中でも最も多く、特に男性に感染者が多いと言われています。
この病気の細菌は膣や子宮、男性の場合尿道に入ります。
細菌の感染力は非常に強いのですが、コンドームをしっかりと装着していれば、まず大丈夫です。
ただ自覚症状が表れないことがほとんどで、感染したかどうかまで、分かりにくいのが特徴です。

ヘルペスは、細菌が皮膚や粘膜にくっついて、水ぶくれが出来る感染症です。
感染しますので、伝染しない様にするのが得策ですが、感染しても症状が出ないというケースも多いです。
免疫力が低下していると、症状が表れやすいのですが、水ぶくれが出来てもつぶしては絶対にダメです。

性感染症は、早期発見で直せる病気なので、少しでも気になる方は、早めの診察を受ける方がよいです。

性に関する知識を持って、安心で安全な性行為をしましょう。