淋病のイ・ロ・ハ

性器に感染する真菌「カンジダ」に関するイロハをお伝えしていきます。

診察室

咽頭に淋病の症状が見られたときには千葉市の病院へ

咽頭に淋病の症状が見られたときには、千葉市の病院に行くことによって症状を改善することが可能です。淋病に限らず、性病の中には性器だけではなく咽頭に症状が現れるものが非常に多いです。千葉市には性病を見てくれる専門の医院があるので、千葉市の施設に行けばきちんと診査をしてくれた上で治療を行ってくれます。そもそも、淋病を筆頭に性病を引き起こす菌やウイルスは湿った暖かい場所を好みます。夏場に通気性の悪い服を着ていると陰部から悪臭を放つ人がいますが、こうした人は高い確率で性病にかかっていることが多いです。また、口の中も湿って暖かい環境であることにかわりはないので、仮に過去にオーラルセックスをして陰部の粘膜に触れたことがある人などは、口の中に既にウイルスを住まわせていることもあります。一度でもそのような性行為をしたことがある人は、検査キットなどを使っても良いので診察をしてもらうことが大切です。淋病は、他の病気と異なって感染率が非常に高いことで有名で特に若い世代の多くの人にかかっています。全体数の約30%が淋病にかかっているという数字も出ているくらいですので、少しでも油断をすると感染してしまう確率が高くなります。淋病の感染率がここまで高くなっているのは、この病気が自覚症状が出にくい病気であるからに他なりません。実際は性病に冒されているのにそれと気づかずに性行為を繰り返してしまうことによってどんどん症状が拡大し、他の病気を誘引してしまいます。病気の原因となる淋菌は、 女性の身体に入っても7割から8割の人が自覚症状がないまま日常生活を過ごすことになるので、咽頭の症状を把握するのならば女性よりも男性のほうがわかりやすいと言えます。