淋病のイ・ロ・ハ

性器に感染する真菌「カンジダ」に関するイロハをお伝えしていきます。

診察室

カンジダ症の治療薬の種類

「カンジダ症」とは真菌性皮膚感染症と言い、免疫力が低下した時に皮膚や粘膜を通して感染します。
「カンジダ」は元々人間の体に存在する菌で、尿道・肛門・膣などにあるカビの一種です。
感染する個所は様々で、性器カンジダ・膣カンジダ・口腔カンジダなどあげられます。
「カンジダ症」は、主に性感染症と言われています。
しかし、性行為だけではなく、体力や免疫力が落ちている時や薬の副作用によって起こるケースもあります。
感染した場合の症状は、女性の場合外陰や膣の入口あたりに痒みを感じるようになります。
症状が重くなると痛みを伴うような痒みと熱を帯びたような状態になります。
おりものは白や薄黄色の糊状のものが出ます。
男性の場合は尿道などに菌が付いたとしても、排尿などにより感染しにくくなっています。
しかし、絶対感染しないということではありません。
カンジダ症の治療薬の種類は、外用薬と内服薬に分けられます。
外用薬は、軟膏・クリーム・駅・スプレー・膣錠があげられます。
カンジダが感染している箇所によって違います。
内服薬は、シロップ・錠剤・カプセルなどです。
どれも副作用は少ないのですが、皮下の薬との併用に注意が必要な場合があります。